2019年04月01日

明らかなインチキでもそれっぽく捲くし立てると本当のように聞こえてくるよね(



ダルセージ:例の薬物の正体がわかったよ。





それは合成化学物質というよりは、レトロウイルスや寄生虫に近いみたい。

変化させたい魔物とかのRNAを逆転写酵素と一緒に担体に詰め込んで対象に注入し感染させる。

魔物のRNAから魔物のDNAが合成され、宿主細胞のDNAに組み込まれる。

そこからは複製と転写を繰り返すことによって宿主細胞のDNAはどんどん魔物のものに置き換わっていき、合成される蛋白も魔物のものになっていくってわけ。

それで、さっき言った担体部分がちょっと寄生虫みたいでね。

寄生虫ってのは成長段階で成長に適する宿主が違ったりしてね。捕食されたりとかして宿主を移動しなくちゃいけない。

だから例えば、宿主の行動を操ったり心理を支配したり、姿を変えさせて次の宿主に移ろうとする。

それと同じだよ。さっきのDNA書き換えと行動心理の支配、姿も変えさせて化物1匹出来あがりっと。

ウイルスや寄生虫と違うのは、それ自体の増殖を目的とはしてないこと。だからそれらの生活環を真似ただけの、一応は薬物であるみたい。

いやー、何言ってんだろうな俺。












ま、嘘ぷーに決まってるよねー。

posted by 黒鳥なしら at 00:00| Comment(0) | 彼らの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。